レクサスの賢い車検選び「ディーラー車検 vs民間車検」徹底比較

高級車には高額な維持費が付き物で、レクサスのディーラー車検も例外ではありません。

実際にディーラーに車検を依頼して、見積もりの金額に驚かれたという方も多いのではないでしょうか。

実際に見積もりを見た人は良いですが、これから車検を迎える人は、イメージだけで「レクサスの車検は高い!」と考えている事も多いかと思います。

そこで今回は、レクサスのディーラー車検が高くなってしまう理由について解説し、「どうすれば車検費用を抑えることが出来るのか」について言及していきます。

民間車検業者の上手な活用法などについても書いていきますので、車検を申し込む前に一度目を通していただけたら嬉しいですね。

1. レクサスのディーラー車検費用の相場はいくら?

1-1. 初回車検の費用相場

レクサスの初回(3年目)車検時の費用相場は、法定費用などを全て併せて約17万円と言われています。

初回の車検で17万円というのはかなり高額な部類ですが、高額になってしまうのには理由があるんですね。

実際に法定費用と車検の工賃ですと約10万円ほどで、残りの金額は”G-Link”というサポートプランの更新費用となります。

レクサスは、新車購入時にレクサスケアメンテナンスパックとG-Linkというサポートプランに加入するわけですが、レクサスケアメンテナンスパックについては購入時から3年間で終了し、新たにLCMPⅡとして更新するための費用が45,000円、G-Linkの更新に32,000円、さらに有料のナビシステムに利用するマッピング(地図情報)の更新に約20,000円前後掛かるとされており、それを加味すると17万円という数字になってしまうわけです。

上記の更新料などの兼ね合いで、レクサスは初回車検が最も高額になりやすいとも言われており、パーツ交換が嵩んでしまうと30万円を越える場合もあるようです。

1-2. 2回目(5年目)以降の費用相場

レクサスのディーラー車検の特徴として、5年目以降はLCMPⅡの更新が出来なくなってしまう関係上、その更新費用の分は安くなります。

しかし、5年目以降はパーツ交換の量が増えてしまう関係上、トータルの費用としては高額になります。

また、G-Linkに関しては引き続き更新が必要となりますので、有料のマッピングサービスも含めて5万円前後は車検費用に上乗せされるため、それらを合わせると20~30万円ほどにはなってしまう事でしょう。

こちらも初回と同様にパーツ交換が嵩んでしまった場合、40万円前後まで増えてしまう可能性があります。

2. レクサスのディーラー車検は高い?!オートバックス(民間車検)と費用を比較

ディーラー車検ですと、サポートプランなどの兼ね合いで高額になってしまいがちですが、民間車検と比べるとどのくらいの差があるのかについて比較してみました。

サポートプランに関しては任意ではありますので、ひとまず法定費用と車検に関する工賃、パーツ交換に掛かる費用などを概算して算出します。

民間車検の数字は、オートバックスで車検を行った場合を参考にし、それぞれ2回目(5年目)以降の車検費用をシリーズごとに比較します。

クラス レクサスディーラー オートバックス(民間車検)
LS 約180,000円 約100,000円
LC 約180,000円 約100,000円
GS 約170,000円 約90,000円
CT 約170,000円 約90,000円

 

車両総重量を目安にし、法定費用、車検工賃、パーツ交換の平均を合わせた費用が上記となり、ディーラーの方にはG-Linkの更新費用などが上乗せされます。

パーツ交換に関しては平均値ですので、全く交換の必要がない場合は安くなりますし、逆に交換箇所が多い場合には高額になります。

しかし、平均値だけで見ても1.5倍~2倍ほどの金額の差がありますので、やはりディーラー車検の方が格段に高いという結果になりましたね。

3. レクサスの車検費用はなぜ高い?その内訳を確認

3-1. 法定費用

法定費用は車検を行うにあたって最低限必要な金額の1つです。

自賠責保険や重量税などが含まれるもので、法定費用に関しては「レクサスだから高い」という事は無く、国産車でも同様の金額となります。

ちなみに2t以下の自動車を目安に例を挙げますと、自賠責保険が25,830円、重量税が32,800円、印紙代や手数料が1,800円ほどとなり、合計で60,430円という計算になります。

3-2. 車検整備費用

法定費用は車検を行う上での手続きに関する費用ですが、こちらは実際に点検や診断を行う上での費用となります。

こちらも2t以下の場合、基本点検費用として約32,000円、TaSCAN(トヨタが行っている診断システム)による診断料が約3,200円、陸運局代行手数料が10,800円、テスターを使用した検査料が約18,000円となっており、合計すると約60,000円となります。

オートバックスで車検を行った場合、上記の費用を合わせても18,000円ほどと言われており、車検整備費用の段階でかなりの差が付いてしまっている事が分かります。

3-3. その他のメンテナンス費用

・レクサスケアメンテナンスパックⅡ(LCMPⅡ)

LCMPⅡは初回(3年目)の車検時にレクサスケアメンテナンスパックから更新可能なサービスで、6ヶ月毎の点検や、オイル交換などを無償で受けられるサービスです。

こちらは初回の車検時のみ更新可能で、2回目(5年目)からは更新が出来なくなります。

更新のための費用は45,000円となっており、レクサスのディーラー車検が高いと感じられてしまう一因であるとも言われています。

・G-Link

G-Linkは高性能なドライビングナビゲーション、ロードサービスなどを受けられるシステムで、高度な渋滞予測やナビ、盗難時に車の現在位置などを伝え、警備員をその場に配備させるシステムなどもあり、非常に質の高いサービスです。

こちらはLCMPⅡとは違い、2回目(5年目)以降の更新も可能で、2年毎に更新料として32,000円、ナビに使用されているマッピングの更新料として21,600円が必要となりますので、これだけで5万円以上の費用が車検の度に発生してしまいます。

LCMPⅡとG-Linkについては任意ではありますが、パーツ交換なども含め、実際にディーラーで車検を行う際に、その場では断りづらいという声もあるようです。

4. レクサスのディーラー車検と民間車検の違い

4-1. 車検費用の違い

ディーラー車検と民間車検を比べた時に、最も分かりやすいのは車検費用の違いでしょう。

ここまででも説明したとおり、基本的な工賃だけでも3倍近く違います。

車検費用の中でも”陸運局代行料(車検代行料)”に関しては、手続き的な費用なのにも関わらず、ディーラー車検でしか発生しません。

そういった”ディーラーならでは”の費用が重なってしまう結果、車検費用に大きな差が生まれてしまうわけですね。

4-2. 車検内容(点検・整備内容)の違い

ディーラー車検の点検・整備の手法として”予防整備”というものがあります。

これは、実際に故障していなくても、故障する事を予見してあらかじめ交換を行うというという手法です。

これによって予期せぬ故障や事故へのリスクは大幅に下がるわけですが、当然交換するパーツの量は増えてしまいますので、その分のパーツ代や工賃は上乗せされてしまいます。

また、点検時に診断を行うシステムにも違いがあり、レクサスにはTaSCANというトヨタが採用した診断システムがあります。

TaSCANは車内に搭載されているコンピュータと通信し、内部の状況を読み出す事が可能ですので、より細かい部分までチェックする事が可能となります。

TaSCANに関してはディーラー独自のシステムですので、民間車検の場合は使用されません。

4-3. 信頼性の違い

”自動車の機能を最大限に活かせる”という意味での信頼性はディーラー車検の方が高いと言えるでしょう。

レクサスはトヨタ系列ですので、コンピュータ関係の診断システムなどが確立されていますし、自社の車ですので専門的な知識も豊富です。

費用こそ高額になってしまいますが、手放しで任せるだけで質の高い点検・整備を行ってもらえます。

しかし、民間車検の整備工場でもレクサスを豊富に扱っている場所もあり、そういった場所なら一定以上の信頼は置けるものと考えられるでしょう。

シンプルに”人としての信頼”という意味では、普段から車検をお願いしている民間業者があれば、その方が相談もスムーズに出来ますし、選択肢としては充分ありだと思います。

5. レクサスの車検を民間車検で受けるメリット・デメリット

5-1. メリット

・コストが格段に安い

上でも書いてきたとおり、車検費用に2倍近くも差が出てしまうため、コストが安くなる事は確実にメリットであると言えるでしょう。

レクサスの場合は車検以外の維持費も多く掛かりますので、車検を行うにあたって「費用を安く済ませたい」という意見は多いかと思います。

ディーラー車検と比較すると業者の選択肢が非常に多いので、きちんと見極めて利用すれば安くて納得できる車検も可能になるでしょう。

・パーツ交換費用が抑えられる

ディーラー車検が高額になってしまう要因として予防整備が挙げられます。

民間車検の場合は、全て交換ではなく修理によって解決するケースもありますので、パーツを新調するよりもコストが抑えられます。

業者の技術力にも関わる部分でもありますし、何でも修理出来るというわけではありませんが、最低限の交換で抑えられるというのはディーラー車検との大きな違いの1つではありますね。

・”交換=純正パーツ”ではない

民間車検業者がパーツ交換を行う場合、必ずしも純正パーツを使用するわけではありません。

ディーラー車検の場合は全て純正パーツで対応するため、その分費用が掛かってしまいますが、汎用パーツなどを上手く利用することによって安価に車検を済ませることが出来ます。

汎用パーツといっても新品のものと交換するわけですから、機能性として格段に劣るという事は考えづらいと言えるでしょう。

5-2. デメリット

・業者の見極めが困難な場合がある

ディーラー車検の場合は「全てお任せ」というスタンスで車検を行えますが、民間車検の場合は整備士や業者の設備などにムラがあり、「ちゃんとした業者」を見極めるための労力が必要となります。

民間車検で最も大事なポイントが”業者選び”ですので、コストカットだけを考えるのではなく、ホームページに記載されている内容、インターネットの口コミなどにもアンテナを張っておく必要があります。

・G-Linkを使用したい場合、別途申し込みが必要

ロードサービス、セキュリティサービスを行うG-Linkですが、民間車検の場合は別途で申し込みが必要となります。

明かに不便を感じる程の大きな差はありませんが、ディーラー以外の場合は”G-Link lite”というプランになり、G-Linkの全ての機能をフル活用するという事は出来ません。

車検だけではなく、正規ディーラー以外でレクサスを購入した場合にもG-Link liteのみが使用出来る形となります。

・TaSCANなどの専門的な設備が無い

民間車検業者には、ディーラーが独自に行っているシステムが配備されていません。

設備が無いのは仕方ない部分でもありますが、車載コンピュータに関する知識や対応方法などについても難しい事が多く、整備士自体が最新のシステムなどを知らないというケースもあります。

最近ではコンピュータによる制御や、センサーなどを搭載している自動車が多いため、専門的な設備が無い民間車検業者は、ディーラーと比べて一歩劣る形となってしまいます。

6. レクサスのディーラー車検費用が高い!困った時の民間車検の選び方

6-1. 民間車検の種類

・オートバックスなどのカー用品店

大手チェーンのカー用品店は、ホームページに車検費用が分かりやすく表示されてますので、費用やサービス内容が分かりやすいところがポイントです。

また、従業員のパーツに関する知識や整備士の質なども一定水準が保たれていますので、安心して任せられます。

普段から訪れる店舗ですと、コミュニケーションなども取りやすいため、スムーズに車検の計画を立てられる事もメリットと言えるでしょう。

・ガソリンスタンド

カー用品店と同様に、料金体系や車検に関するプランなどが分かりやすい事がポイントです。

普段から利用しているガソリンスタンドですと、給油のついでに車検の事を聞いたりも出来ますし、全く知らない業者に出すよりは安心して任せられるかと思います。

車検は申し込むまでに腰が重くなるというケースが多いため、ガソリンスタンドのような”頼みやすさ”も重要な要素であると言えます。

整備に関する知識なども一定水準以上は満たしているため、安心して任せる事が出来ます。

・民間整備工場

民間整備工場には2種類あり、1日車検を行っている”指定整備工場”、そうではない”認定整備工場”が存在します。

1日車検の場合は代車などの必要もありませんので、時間の面でも手間の面でもメリットは大きいと言えます。

また、整備に関する知識や技術力に関しては、カー用品店やガソリンスタンドよりも高い場合が多い事もポイントです。

修理可能な部分は修理だけで済ませてくれるため、交換に掛かる費用を抑える事が可能で、コストを大幅に削減できる場合もあります。

・フランチャイズ店

車検を専門に扱っている業者で、元々ある民間整備工場などをフランチャイズ化して運営しているお店を指します。

車検に特化している事も特徴的ではありますが、インターネット関係に広く宣伝していることもあり、分かりやすさや利用のしやすさ、価格の安さなどもポイントです。

民間整備工場を利用している場合が多いため、技術的な水準も一定以上となっており、最低限の点検のみで車検を完了させる事も可能です。

6-1. 民間車検を選ぶ時の3つのポイント(○には数字を入れてください)

①リーズナブルさとアフターサービスを重視

車検費用を抑えるわけですので、まずは費用に着目しましょう。

しかし、安さだけで選んでしまうと思わぬトラブルになりかねませんので、アフターサービスがきちんとしている事も大切です。

独自の補償プランを用意している民間車検業者もあり、例えばオートバックスですと全ての補償を合わせても5,000円程度で済みますので、その辺りも申し込む前にチェックしておきましょう。

②レクサスの取り扱い実績にも注目

民間車検業者によっては、過去の取り扱い実績をホームページなどに記載している場合もあります。

普段からレクサスを取り扱っている事の多い業者の方が安心感を持てますので、1つのチェックポイントとして頭に置いておきましょう。

また、インターネット上の口コミやブログなども、車検業者を選ぶ参考になりますので、車検を申し込む前にチェックしておくと良いでしょう。

③最初から1つの業者に絞らない事

民間車検業者を利用するにあたって、複数の業者に見積もりを依頼する事が最も重要であると言っても過言ではありません。

ホームページや広告などの情報だけで「安いからここにしよう」と決めてしまうのではなく、見積もりで提示された金額で比較する事が大切です。

”格安車検”のように謳っている業者でも、いざ見積もりを出してみると思ったより高いという事もあり得るため、手間ではありますが複数の業者に見積もり依頼を出しましょう。

比較するために、最低でも3社は見積もりを出す事をオススメします。

7. レクサスの車検費用を抑えるなら民間車検業者の選び方がポイント!

国内外の高級車の中でも、レクサスはディーラー車検と民間車検の費用の差が激しい部類に入ります。

そのため、民間車検業者の見極めさえきちんと行えば、ディーラー車検の半額以下で車検を済ませる事も可能なんですね。

基本的に手放しで、レクサスのラウンジなども利用出来るディーラー車検も良いですが、民間車検で費用を抑え、浮いたお金を使って愛車で遠出の旅行をするのも一興かと思います。

読者様が良い民間車検業者と出会うための参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です